ネットに触れていると「ドメイン」という言葉をたまに目にすると思います。ドメインは有料や無料のものがあったり、中古のものもあります。ここではそんなドメインのことをわかりやすく簡単に紹介したいと思います。

ドメインに関するあれこれについて

ドメインと正引きと503の意味について

インターネットを使っていると、正引きという言葉が出てくることがあります。
正引きとは何かというと、ドメイン名に対応するIPアドレスを問い合わせることです。
逆に、IPアドレスに対応するドメイン名を問い合わせる場合、逆引きと呼びます。
逆引きは、サーバー側でアクセス元を判別する場合や、分析する時に使われます。
逆引きで得たドメイン名を正引きして入手したIPアドレスを元のIPアドレスと比べて、通信相手の信頼性を確認することが可能なのです。
正引きと逆引きは、異なるゾーンで管理されていて、内容は管理者にゆだねられています。
日本では、自分でサイトを運営している人が、数多く存在しています。
サイトを運営していると、突然503を含んだエラーメッセージが表示されることがあります。
このメッセージは、503エラーと呼ばれています。
これは、レンタルサーバーから返されるHTTPステータスコードで、503エラーが表示されている間は、訪問者はサイトの閲覧ができなくなります。
ネットショップを運営している場合、訪問者が商品を購入できなくなり、ビジネスチャンスが失われてしまうわけです。
503エラーは、ネット集客に大きな影響を与えるため、503エラーを出さないようにする必要があるのです。
サイトにアクセスが集中していると、503エラーが起こります。
一般的に、レンタルサーバーでは同時アクセス数の制限を行っています。
アクセス数の制限を行うことで、サーバーは安定して稼働することができます。
レンタルサーバー会社が設定している同時アクセス数の限界を超えてしまうと、サーバーがアクセスを遮断してしまうのです。
簡単に言うと、サーバー側の自己防衛システムなので、503エラーが出ている場合は、サーバーは正常に動いていることになります。